サビ止めやサビ落とし、もう使うのやめませんか?

〜発想の転換で、弱みを強みに〜

 


 
錆といえば、
古びて消耗しきったイメージがあるので、
なんとかして錆を防ごうという人が多いと思います。
 
ですが、
「なぜ鉄は錆びるのか」という理由を知ると、
それがとても自然で美しい現象として納得できるんです。
 

 

鉄の原料である鉄鉱石は、

およそ20億年前から酸化した状態で土に埋まっています。

つまり鉄の元は、

そもそも錆びている状態で地中に存在しているので、

加工された鉄製品が使用されるにつれて錆びるのは

自然の摂理です。

 

また鉄は地球の長い歴史の中で、

蓄積され、生み出されたものです。

 

時の流れを感じさせる錆はまさに、

侘び寂びの精神を体現しています。

 

錆びることとは、

自然に還ること。

自然の理。

自然の趣。

 

こうした鉄の成り立ちを知ると、
忌み嫌っていた錆も、
温かみのある愛くるしいものに見えてきませんか?
 
このように考え方次第で、
欠点だと思っていたことも、強みに変えることができます。
 
言われてみれば日常生活でも、
自分の受け取り方を変えるだけでポジティブな気持ちになれますよね。

 
「今日は寒くて嫌だなあ」ではなく、
「新しいセーターを着るのにちょうど良い日だ」とか
 

「電車が遅れていて迷惑だなあ」ではなく、
「この隙間時間で読書ができるぞ」
 

「錆が出て汚くなったなあ」ではなく、
「使ってきた年月を感じさせる思い出深いものになったなあ」など。
 
 

あなたも発想の転換を実践して、毎日のハッピー増やしてみませんか?

 

 

文章:メイ

 

Posted in インターンBLOG and tagged , .