一人で行く?みんなで行く?

こんにちは、早織です!
時が経つのは早いもので、
もう気がつけばインターンを初めて10ヶ月です。

ということで、
今回はインターンを通して学んだことを振り返りたいと思います!

「早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け」

皆さんはこの言葉を知っていますか?
これは私が今夏に知ったアフリカのことわざです。

意味は理解できると思うのですが…
今回は私がいろんなインターンを通して、これを改めて感じるようになった経緯をお話しできればなと思います。

 
私は今ままで、“一人でなんとかする”ことが多い人生でした。
 
チームでリーダーを務めるのも、
「メンバーが動いてくれない、なら自分でやったほうが早い」
そう思っていたからです。

 

まさに前者ですね。
一人でやって、早く終わらせたい。

例えるなら…
群で狩りに出て、一人で獲物をゲットして、一人で食べる。
チームで動く事を知らない、一匹狼でした。

初めはこれでも成果は出せました。
自分の考えをチームで通して、一人で作業して、はい終了。

 

しかしいつしか一匹狼スタイルでは
成果に繋がらなくなっていきました。

 

一人で行動することがくせになり、
チームで活動していても、答えが出るまで一人で考えて、やっとアウトプット。
しかし時すでに遅し。
自分の考えをアウトプットする前に、チームの答えはもう出てる。

そんな虚しい状況で…
「自分の考えは悪くはないはず。何が原因なんだろう」と
初めて自己を振り返りました。

そして分かったのです。
「チームの目指すゴールは自分の思い描くゴールよりはるか先にある」
「自分一人で辿り着くゴールには限界がある」と。

チームで、グループで動かなくてはいけない時
いかにしてチームに貢献するか。

完璧な意見になるまで温めるのではなく、まずはアウトプットしてみる。
言い換えれば、チームと「コミュニケーション」をとる。

そうしたら自分の意見を生かして、より良い意見に昇華させてくれる仲間がいる。
つまり、仲間を信じて「頼る勇気」を持つ。

この「コミュニケーション」と「頼る勇気」こそが
確実に、全員が、遠くのゴールに辿り着くカギだと感じました。

 

(もちろんこれは“一匹狼だった私”が感じることですけどね)

 

このCREATIVE_INTERNで活動をしていたから

「早く行きたいなら一人で行け、遠くへ行きたいならみんなで行け」

この諺に学ぶことが大きかったと感じています。

というわけで、今回は長々とインターン活動の振り返りをしました!

 

 

早織

 

Posted in インターンBLOG and tagged , , .