調和と、象徴。機能性だけに留まらない門柱の果たす役割。

住居の正面に立つ門柱は、訪れる者に向けたその家の顔そのものです。
建物の姿に調和した表情であるか。家を代表するにふさわしい意匠か。
AELLという耐候性鋼の門柱は、この「調和と象徴」の役割を大切に考えました。
インターホンやポストといった現代の機能を備えつつ、たとえば伝統的な佇まいの日本家屋の門に立っても
その建築美と自然なハーモニーを奏でながら家のシンボルとして訪問者を迎えます。

 

和風モダンな趣きにも美しく調和する無駄のない印象的な佇まい。

耐候性鋼の機能門柱AELLは、建築建材で多くの実績がある錆仕上「New RUSTY」を標準カラーとして採用しました。
経年で深みの増す耐候性鋼ならではの表情で、大切なお客様をお迎えします。